HOME > 取り扱い商品

取り扱い商品

「国内上場株式 外国株式、ETF、REIT等」「派生商品 日経225先物取引及び日経225オプション取引」「外国株式 米国・中国株式等」「債券 利付国債(個人向国債)、社債、転換社債」「投資信託 国内外の投資信託及び毎月分配型投信」

リスク等 重要事項のご説明

リスクについて

<株式>
株価の変動、及び為替相場の変動(特に外国株式の場合)等により損失を生じるおそれがあります。
<信用取引>
信用取引は、小額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。その損失額が、差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
<投資信託>
組み入れた株式・債券など有価証券等の価格変動、及び為替相場の変動(外国通貨建て有価証券等を投資対象としている場合)などにより投資元本を割り込むおそれがあります。
<株価指数先物・同オプション>
対象とする株価指数の変動により損失を生じるおそれがあります。加えて、建て玉の代金と比較して少額の委託証拠金で証拠金を上回る取引が可能であり、株価指数の変動により損失の額が委託証拠金を上回るおそれ(元本超過損が生ずるおそれ)があります(オプションの買方の場合は買付代金+コストに限定)。

手数料について

<株式>
①国内株式は最大で約定代金の1.242%(税込み以下同じ。なお、最低は2,700円。但し、特例措置として売却代金が5,000円に満たない場合は約定代金の54.0%)。
②外国株式は、現地手数料として香港市場では最大で外貨建て約定代金の0.25%(最低50香港ドル)、上海・深セン市場では最大で同0.50%が必要となるほか、さらに印紙税、取引所税等を加算した額を売買当日の当社為替レートにて換算した金額に対し、国内手数料が最大1.242%かかります(なお、最低は2,700円。但し、特例措置として売却代金が5,000円に満たない場合は換算金額の54.0%)。
<投資信託>
商品により異なりますので詳細は目論見書をご覧下さい。
<株価指数先物・同オプション>
ⅰ )株価指数先物は最大で約定代金の0.0864%
ⅱ )株価指数オプションは最大でプレミアム代金(約定代金)の4.32%(但し最低2,700円)が必要となります。
ページの先頭へ